白内障日帰り手術、皮膚科美容レーザー治療の「おかざき眼科皮膚科」 〒306-0023 茨城県古河市本町4-11-6  TEL.0280-30-1131
文字サイズ変更小中大
白内障日帰り手術

白内障について

白内障は主に加齢が原因で、目の中の水晶体(レンズ)が濁る病気です。
光の通り道を濁りが邪魔するため、かすむまぶしく感じる視力低下、などの症状が出ます。くもったガラス越しにものを見ているような状況です。白内障がある程度進行し、自覚症状がはっきりしてきたら手術により治療します。手術は濁った水晶体を摘出し、代わりに人工の眼内レンズを挿入します。

白内障手術はいつ受ければいいでしょうか?

患者さまが白内障の症状を自覚し、治したいと思った時が手術のタイミングです。昔は「見えなくなるまで待って手術」でしたが、技術の進歩により手術成績が飛躍的に向上しておりますので、見えなくなるまで待つ必要はありません。
患者さまの目の状態により、通常よりも早めの手術をおすすめする場合もあります。詳しくは院長にご相談ください。

白内障手術をすると…

水晶体の濁りが取れた分、よく見えるようになります。他に目の病気がない場合、矯正視力で1.0以上見えることも多いです。また、強い遠視や強い近視は度数を下げることができます。
「こんなによく見えるようになるなら、もっと早く手術をしてもらえばよかった」という感想がよく聞かれます。
こちらも参照して下さい。→参天製薬「白内障の症状と治療

日帰り白内障手術

当院では日帰り白内障手術を行っております。わずらわしい入院が必要なく、速やかに日常生活に戻れますし、入院にかかる費用負担もありません。
手術は原則的には点眼麻酔のみで行いますので、麻酔注射による痛みはありません手術は通常10分程度で終了します。手術中、手術後とも痛みはほとんどなく、合併症も少ない安全な手術です。手術当日は、1時間程度、院内の回復室で休んでいただき、問題がなければ帰宅することができます。
目の状態は患者様ごとに異なりますので、詳しくは院長にご相談下さい。

眼内レンズについて

当院では主に最高級の非球面眼内レンズを使用しています。 「非球面」眼内レンズは従来の「球面」眼内レンズに比較し、術後の視機能がより良いと報告されています。患者様の負担額は変わりませんのでご安心ください
(以下が、球面レンズと非球面レンズの見え方のイメージです)

同じ1.0の見え方でも非球面眼内レンズを挿入した眼で見た方がすっきり見えます。(角膜などの条件が良好と仮定した場合のシミュレーションです。トプコン社wave front analyzerによる解析結果。 画像提供AMO)

当院の手術設備

白内障手術は安全性が高い手術ですが、手術である以上、100%安全とは言えません。術後に感染症など重い合併症を生じる可能性がわずかにあります。詳しくは手術前に院長より説明いたします。当院では安全性を高めるためクリーンルームを用意し、最先端医療機器を揃え、丁寧な手術を心がけています。どうぞ、ご安心して手術をお任せ下さい。
手術室・回復室